慶事・結婚関連で気を付けなければならないマナーとは

慶事・結婚にまつわるマナーにはたくさんのルールがあり、知っておかないと迷惑をかけたり、恥ずかしい思いをすることがあります。
友人や知人などの結婚式に呼ばれた場合には、まずご祝儀を包むことになります。
結婚式の当日までにきちんと準備しておかなくてはなりません。
ご祝儀とは、二人へのお祝いの気持ちを形にして表すものです。
現金で贈る人が多いですが、物を贈っても問題ありません。
本来お祝いを贈る場合には、結婚式前の吉日に持参するのが正式なやり方ですが、最近では披露宴当日に受付に出すという略式が一般的になっています。
なお、何かプレゼントを渡したい場合には、結婚式当日に渡すと新郎新婦がたくさんの荷物を持ち帰らなくてはならないという負担になりかねないので、事前に配送で新居に送っておくとスマートです。
ご祝儀の金額は、新郎・新婦との間柄や、贈る人の年齢によっても異なりますが、友人・同僚などの場合には2~3万円が目安ですが、気をつけなくてはならないのは、割り切れない数つまり奇数にすることです。
割り切れる数字にすると、別れを連想させるために、適切ではないとされています。
なお、偶数でも2と8の数字は使っても大丈夫です。
ご祝儀袋の書き方や包み方にもマナーがあります。
ご祝儀袋は、白の包み紙に、赤白または金銀の水引が正式な形です。
ご祝儀袋には簡素なものから豪華で派手なものまでいろいろとありますが、大事なのは中の金額に見合ったご祝儀袋を選ぶということです。
包むお金は、新札を準備します。
ご祝儀袋を持ち歩く際には、そのまま持ち歩かずに、袱紗に入れて持ち歩きます。
受付で渡す際に、むき出しの状態で渡したり、購入時のセロハン袋に入れたまま出すのはマナー違反なので、注意が必要です。
袱紗は、専用の物が販売されていることもありますが、袱紗がない場合には小さな風呂敷やハンカチでも代用することができます。
慶事では、赤・エンジ・紫などの色の袱紗を使用します。